1. 未分類
  2. 0 view

文系プログラマーが新卒採用される方法と、入社後のキャリアアップ

新卒でプログラマーになることは、決して難しいことではありません。その理由は、新卒の場合には社会人として働いた経験は必要なく、やる気や性格、本人の素質などが判断されて採用につながるためです。

そのため、プログラマーとして経験がない文系社会人が転職で初めてプログラマーになる場合よりも、新卒でプログラマーとして採用されることの方が、確率的にははるかに高いのです。

新卒でプログラマーになる方法

新卒でプログラマーになる方法は、大きく分けて3通りあります。

新卒というカードを使う

企業の新卒採用試験を受けるという方法です。普通に学生課を訪ねたりリクナビやマイナビを使ってエントリーしていくことです。プログラマー採用の求人は多いので(といっても首都圏に多いが)、業務内容が自分の目標とあってるか、会社規模やグループ、子会社などを見ながら書類を出していきましょう。

インターン

学生のうちにインターン生を募集している会社に入ってみることです。経験を積みながら業務に慣れながらプログラミングの技術もアップさせることができます。卒業したときに生徒としてはその会社に入ろうか判断できるし、企業側もその学生を採用するか判断できるので双方にメリットがありますね。

派遣やアルバイトをしてみる

IT系人材の派遣会社に登録して企業へ派遣してもらったり、アルバイトをしてみるという方法です。直接新卒でプログラマー採用に繋がるわけではありませんが、現場での実践経験が積めるのは学生にとって有益でアピールポイントにもなるでしょう。


大学生のほとんどが新卒で就職していくことでしょう。新卒というカードは人生で1回しか使えないし、今の日本では最も採用の確度が高いタイミングです。

個人的に思うのは文系学生の就職先としては大手またはそのグループにあるIT系子会社なんかも有力です。大手であればあるほど研修制度が充実しているから文系からでもしっかり育てる事ができます。

またプログラマー採用ののちに次のステップ(SE、PL、PM、営業、コンサル)へ進む道や役職がある企業を探すことをお勧めします。

改めてお伝えするプログラマーの仕事内容や特徴

プログラマーのお仕事は、プログラムを作成することです。このお仕事は、プログラムを作成するという作業はパソコンとにらめっこしながら一人で格闘することになりますが、大きなプロジェクトの一つの歯車として機能するため、他のプログラマーと役割分担をしたり、エンジニアから指示される仕様に沿ったプログラムを作ることが求められます。

そのため、ある程度のコミュニケーション能力、そして文章の読解力や、論理的思考ができるスキルは必要不可欠と言えるでしょう。

プログラマーのお仕事の特徴は、作業に対して納期が設定されていることです。

プログラムを作成しても、後からやりなしたほうが良いなと考えて書き直すことになったり、予定よりも難しくて時間がかかってしまったり、またエラーが出てシステムが作動せずにエラー探しに時間がかかるということもあります。

そのため、一日どのぐらいの進捗ならOKということがなく、最終的に納期に間に合わせることが最低条件となります。納期が近づいてくると、残業をしたり休日出勤をするプログラマーは多いですね。

文系プログラマー新卒採用にむけた準備

プログラマーの就職試験では、新卒の際にはプログラミングスキルについて試験を受けるということはなく、他の職種と同じように一般常識を問う筆記試験を受けたり、面接試験を受けることになります。

筆記試験の場合には、IT系企業だと数学の問題が出るということはありますが、企業によってはテーマに沿って作文を書いたり、簡単な国語の試験のみということもあります。こうした部分は大学受験と同じような内容なので、一夜漬けでどうにかなるものではありません。

就職試験のためにまだ時間がある人は、プログラミングスクールに通ったりして、基本的なプログラミングスキルを習得することをおすすめします。

スクールの中には、短期間でも基本的なスキルを一通り身に着けられるカリキュラム構成になっているので、浅い部分だけでも基本的な知識を学ぶことができます。

そうすれば、就職試験の履歴書には学習中の言語を記入できますし、何か質問されても知っている部分で答えられますね。

新卒採用面接のコツ

プログラマーとして働きたい人が就職試験のために準備できることは、面接対策です。面接では「どうして文系なのにプログラマーになりたいのですか?」とか「プログラマーって大変ですよ」なんて質問やコメントをいただくことが考えられます。

[文系→プログラマー]ということは大学で学習していることが全く活かせない職に就こうとしているように見えます。計画や見通しが甘いように写ってしまっては損ですから、ここしっかり答えられないと難しいでしょうね。

そうした時には、大学で学習していることがどう仕事に活かせるのか、将来どんなビジネスマン像を描いているのか、またしっかり自分の性格や素質がプログラマーに向いているとアピールすることで、採用に近づくことができるでしょう。

新卒採用では、文系だからと言ってプログラマーには向いていないと最初から決めている企業はそれほど多くありません。

しかし、就職試験における筆記試験の結果や面接での本人の素質などが考慮されるため、数学の筆記試験で全滅だと面接でどんなに頑張っても採用されるのは難しいかもしれませんね。

企業によっては面接での意気込みや熱意を伝えることができれば採用してもらえるので、あきらめてはいけません。

採用が決まったら

プログラマーとして採用されたら、実際に就職するまでの間には自作アプリを作ったり、プログラミングスクールなどに通って、いくつかのプログラム言語に慣れ親しんでおくことをおすすめします。周りにはすでにプログラミングが得意だという兵がたくさん同期で入社してくるため、後れを取らないためにも事前に準備しておきたいですね。

プログラミングは、ハイレベルな数学の知識がなくても問題なく作成できますが、論理的な思考や慣れ、経験などが必要不可欠です。そのため、簡単なプログラムから積極的に取り組むとともに、先輩のプログラムを見せてもらい、美しいプログラムの流れを頭に叩き込むなど、普段から修練することをおすすめします。

文系プログラマーの新卒からキャリアアップするコツ

キャリアアップするためには、プログラムの知識を身に着けるとともに、民間資格や国家資格の取得を目指すと良いでしょう。簡単に取れる資格もあれば難易度が高いものまで多種多様ですが、文系でも採用されれば他の人と同じスタートラインに立つということですし、その後は自分の頑張り次第でキャリアアプすることだって可能です。

プログラマーからのキャリアアップと言えば一般的には3~5年で中堅になり10年もすれば役職がついたり、SEやPLになるでしょう。

あとは専門の分野や言語を極める方向もあります。JavaやCをやるとかWEBに強くなるためにRubyやPHPをやるとか、業務システムに強くなるとか、お金回りのシステムに強くなるとか、簿記や人事の知識を得てそちらに進むとか、マーケティングやデザインにも強くなるとか、むしろプログラマーからコンサルティングに進むとか。

最初に入った会社や着任したプロジェクトによってその人の進む道や言語が結構決まっちゃう部分があるので、本当にやりたい方向なのか確認して就職することが求められます。じゃないとどこかで転職することになるでしょう。

それからプログラマーは独立起業という道もあります。

未分類の最近記事

  1. 文系プログラマーへの道、プログラミングスクールを5つ紹介

  2. プログラミングを独学で学べるツールやサービスやQ&Aサイトをいくつか紹介

  3. 数学とプログラミングの関係、数学ダメな文系でもプログラマーになれるか

  4. 文系がプログラマー就職・転職するときの志望動機

  5. 文系でプログラマーとして就職するためのイロハ

関連記事

PAGE TOP