1. 未分類
  2. 0 view

文系でプログラマを目指すなら何言語を勉強すればよいか、言語選択と勉強の仕方

文系でもプログラマーとして働くことは可能です。

しかし、まったくプログラミングの経験がなく、知識もない人よりは、独学やスクールに通ったりして少しでもプログラミングの知識やスキルを持っている人の方が、企業としては高評価することでしょう。文系でプログラマーを目指すのなら、仕事としての実務経験はなくても、初心者向けの言語をいくつか勉強しておくことをおすすめします。

文系とか関係なし!プログラミング初心者におすすめの言語

プログラミング言語にはたくさんの種類があり、それぞれどんな用途で使うのか、また難易度も異なります。初心者向けの言語もたくさんあるので、まずは勉強しやすいものを選んで、スクールに通ったりオンラインで受講したりして、基本的なスキルをマスターしてみてください。ここでは、いくつか初心者向けの言語をご紹介しましょう。

Javascript

WEBページにおいてエンドユーザーが直接見て理解し、そして楽しめる機能は、Javascriptが使われていることが多いですね。

例えば、サイト上でユーザーがカーソルを合わせると色が変わったり動いたり、また動的なアイコンの作成には、プログラミング言語としてJavascriptが使われていることが多く、学習する際の難易度もそれほど高くはないありません。

そのため、これからプログラミングに挑戦したいという人にとっては、始めやすくて楽しく学べ、そして実践的なプログラミング言語と言えます。

Javascriptを学ぶ前段階としてホームページを構成するためのHTMLとCSSは学んでおく必要があります。ホームページを作ってみたい方はここからスタートしましょう。

Ruby

Web系アプリの開発に多く用いられるプログラミング言語として知られているRuby。習得する際の難易度はそれほど高くないため、プログラミング初心者にとっても学びやすい言語の一つと言えます。

この言語はもともと日本で誕生した言語で、日本人にとっては学びやすいという点が特徴的です。

実践的な言語でニーズも高いため、基本的な部分だけでもRuby言語を理解していると、即戦力として採用される可能性はグンと高くなりますね。

日本語のQAや参考ブログが多いのもお勧めする理由の1つです。

PHP

初心者でも動くプログラムをかきやすいと評判のPHPは、自由度が高くてフレキシブルなプログラミング言語として人気があります。

Webの開発においては良く使用される言語で、Webのニーズが高まり続ける昨今では、PHPが使えるプログラマーのニーズも高く、知識があると採用につながりやすくなるというメリットが期待できます。

また、実務として使わなくても、WordPressなどで個人ブログをする際にも利用できるという点から、趣味の延長として学習する人が多いプログラム言語でもあります。

Swift

iOSのアプリ開発をするなら、Swiftでの開発となります。難易度はそれほど高くはなく、素人が独学で学ぶこともできるほど、分かりやすいという特徴があるプログラミング言語です。

XCodeという開発ツールを使って開発しますが、グラフィカルにマウス操作で実装できる部分もあるので、入りやすいと思います。

近年では、個人がスマホアプリを開発して副業として利益を出すこともできるので、趣味でSwiftを習得し、空いている時間を使ってアプリ開発にいそしむ人も多くなっていますよね。このSwiftの知識があると、アプリ開発系の企業でプログラマーとして働くことができます。

Kotlin

iOSのアプリ開発にはSwiftがメインに使われることが多いのですが、OSが変わってアンドロイドOSになると、使用頻度が高い言語はSwiftではなくてKotlinとなります。

この言語はプログラマーがまだ少ないという特徴がある一方、ニーズが急速に高まっている言語でもあるため、習得していると文系でも未経験でも即戦力として採用されやすくなります。

C#

プログラマーにとってはベーシックなC言語を元に開発されたC#は、ウィンドウズ向けのアプリケーション開発に用いられることが多いプログラミング言語です。

初心者でも学習しやすく、難易度はそれほど高くないため、パソコンアプリの開発に携わりたい人にとっては、ぜひ習得しておきたい言語の一つと言えるでしょう。またこの言語は、Unityを使ったゲーム開発にもよく使われているため、ゲーム開発に携わりたい人にとっても、習得するとゲーム業界へ転職しやすくなるというメリットにつながりそうです。

Python

初心者におすすめの言語で、今後ニーズがどんどん高まることが予想されているものと言えば、Pythonですね。

この言語は、Webやデータ解析の際に利用するプログラミング言語なのですが、難易度はそれほど高くないので初心者にもおすすめです。

また、Pythonは人工知能や機械学習の開発に適した言語なので、今後は人工知能の研究や発展、商品開発という分野で大きく活躍できる言語になることが予想できます。

プログラミング言語の選択の仕方

初心者がプログラミング言語を選択する場合、あれもこれもと選ぶよりは、自分がプログラマーとしてどんな開発に携わりたいのかを考えたうえで、よく利用される言語を選びましょう。

例えばWEBをやりたいのならHTML、Javascript、PHP、Rubyから入っていくでしょうし。

例えばスマホ開発に携わりたい人なら、スマホアプリ開発によく使われるSwiftやKotlinなどがおすすめですし、自分のスマホ上でアプリが動くのは楽しいと思います。すぐ実装してすぐシミュレーションできるのも理解が速くていいです。

ゲーム開発に携わりたい人なら、ゲーム開発の際によく使われるC#が良いかもしれませんね。

そして、もしも可能なら、自作したプログラムやアプリなどを面接の際に持参すると、採用に近づきやすくなるかもしれませんよ。いわゆるポートフォリオを作っておく、ということです。

文系の人におすすめプログラミング勉強の仕方

実はどのプログラミング言語でも「最初の文法」に関する勉強はほとんど同じようなことをやります。

もちろん文法は言語によって違いますが、宣言の仕方、変数の使い方、代入の仕方、ライブラリの呼び方、メソッドの使い方、参考ページの見方、繰り返し処理、if分岐、などは共通して勉強する部分です。

だれもがファーストステップはそこからやるので、基礎をみっちり学習して何も見ずに書けるようになるとベストですね。

未分類の最近記事

  1. プログラミングを独学で学べるツールやサービスやQ&Aサイトをいくつか紹介

  2. 数学とプログラミングの関係、数学ダメな文系でもプログラマーになれるか

  3. 文系がプログラマー就職・転職するときの志望動機

  4. 文系でプログラマーとして就職するためのイロハ

  5. 文系プログラマーが新卒採用される方法と、入社後のキャリアアップ

関連記事

PAGE TOP